トップページ採用情報>先輩社員インタビューNo.1

先輩社員インタビューNo.1

先輩社員インタビューNo.1「マニュアルは骨格でしかない。」

より大きなステージを求めて。

学生の時から地元の清掃会社でアルバイトをしており、そのまま入社したのがこの業界に入るきっかけでした。 営業担当として経験を積み、その後当社の子会社を設立したのが今から9年前でした。
会社経営としては順調でしたが、経営戦略にて「より大きなステージでのビジネス展開を目指す」との方針を打ち出し、親会社である三峯産業と合併、今に至ってます。

公正であり、公平である。

社長・社員との接点は非常に多い会社だと思います。 顔を合わせば常に声をかけあってますし、意見もいいやすい雰囲気ですね。社長は社員の意見を決して否定しないんです。
社員に対し「どうしてそういう考えになったのか」に耳を傾け、社員の自主性を重視してくれるんです。
私も支店長として社長を見習い、静岡支店の社員・スタッフ約200名に対し、接するよう心がけてます。
トップダウンだけではだめですね。常にボトムアップ出来る雰囲気作りに力を注いでいます。
また、支店長として心がけている事のひとつとして「公正であり、公平である」ということが挙げられます。
支店内でジャッジを下すとき、自分の考えだけではなく「お客さまの視点」「会社の視点」「社員の視点」の三つの視点と、社会常識を加味した上で社員には指示を出すようにしています。この「物差し」を常に念頭におき、指示の「ブレ」をなくすよう意識しております。

ビルメンテナンス=フードビジネス?

現在静岡支店を中心に、フードビジネスを展開しております。「ビルメンテナンス会社がなぜフードビジネス?」と思われるかもしれませんが、これは決して利益だけの追求で展開しているわけではありません。
「よりお客さまに喜んでいただく」為にはどうすればよいのかを検討した結果、店頭販売業務を行うことにより「サービス業の真髄」を追及できるのではとの見解で始めました。 ビルメンテナンス業務だけでは経験しきれない「接客」を行い、その経験をビルメンテナンスへフィードバックすることにより、より「お客さまへの満足提供」が実現できるものと考えています。
今後は、「ビル管理スタッフ」として入社された方々もれなく、数日間は店頭でシュークリームを売って頂きます。
味?当然おいしいですよ。

オリジナリティの確立

会社も組織なので、最低限のルール・マニュアルはありますし、必要と考えます。
しかし、マニュアルは骨格でしかないと私は考えています。マニュアルだけでは組織は機能しません。その場その時でマニュアルという軸を中心に肉付けをし、オリジナリティを確立させて初めて組織が機能します。
したがって、今後三峯に入社を考えている方には、一緒に考え、一緒に行動し、一緒に組織を盛り上げていただける前向きな気持ちがあれば充分第一線で働けると思いますし、そのような方と仕事をしていきたいと思っています。

「総合建物管理」のことなら当社にお任せ下さい。
三峯産業株式会社
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-13-4 宝寿会館ビル
TEL 03(3503)9561 FAX 03(3503)9550
支店・営業所:札幌・宇都宮・さいたま・横浜・三島・静岡・浜松・名古屋・大阪・福岡

Copyright(C)三峯産業株式会社. All rights reserved.